futomomomoのふとふと日記

ふと不思議に思ったことを調べて見て書いてます。雑感もあるのでへぇーって感じでもあるのでさらっと読んでいただければ

大学に受かった時のことを思い出してみた

妹が大学に受かったことをきっかけに自分が大学に受かってから入ってどんな風に過ごしていたのだろうと考えてた。

 

受験から合格発表

高校3年生になってもろくに受験勉強もせず、

塾の自習室に行っては集中できなくて帰って勉強して、

数3がわからなくて苦しんでた日々。

そんな日々が終わったのは合格発表の日だった。

筆記試験と面接を受けたが自分でも自信がなくて正直落ちたと思っていたので

合格発表の日程も覚えていないほどだった。面接では、真ん中に座っていた先生があまり興味なさそうで、当時強気な私はちゃんと聞いてくれへんようなところこっちから願いさげやって帰りの新幹線で母に言ってたきがする。そんな面接だったので合格発表の前日に塾の先生に明日だねって言われて、あ、明日だっけって思い出すぐらいのレベルだった。

 

迎えた合格発表の日は母が朝からそわそわしていて、私もなんだか落ち着かないので数学の問題集をといて気を紛らわしていたら、母からもう時間だからみようよと言われ、ネット発表を開いた。受けた学部の欄を探して、2と5が入っている受験番号を探すために1個ずつ番号を追っていく。中学合格した時の受験番号が205だったから、ピースでゴーだねっていわれていた2と5が大学受験の番号にもあってなんだか縁があるかもねって母と言っていた番号。

 

正直ないと思っていた番号があった。

 

年度が間違ってないかとか学部が間違っていないか母となんども確認して、合格を確かめ合ったのを今でも覚えている。お世話になった先生や先輩に電話をかけたら、おめでとうと言葉とともに、「本当に奇跡の合格だから合格体験記は誰に頼まれても書いちゃダメよ」って言われたのも今となってはいい思い出。合格通知が届くまで母はあんまり信じていなくて、合格通知が届いてやっと実感し始めてた。

 

目の前にある参考書やノートを見て、あ、これももうしなくていいんだと思うと不思議な感じがして、必要なノートや参考書以外の塾の書類やらは全部捨てて、そこで始めて次に進むことを実感した。

 

 

なんか書いて行くと箇条書きというか、物語風になってしまって

なんだか気持ち悪くなったけどまぁいっか。

 

 

メルカリの「~様専用」ってなんだろう

メルカリを見ていると、

「〜様専用」の表示を見る。特定の人だけに売りたい状況ってどういう時なのだろうって考えてた。

メルカリユーザーの友達に聞いてみると

①ハンドメイドなど自分で作った作品をファンの人に得る場合

あとヲタクの友達に聞くと

②ライブのチケットやグッズを取引する場合

に使うらしい。

特にライブのチケットとかは、

twitterで#チケ譲 とかのタグを使ってチケットの買い手と売値を事前にチャット上で取引して、その決済ツールとしてメルカリが使われる。

チケットの転売は違法となってしまうけど、急な予定や体調不良、倍率の高いライブとかでいけなくなった場合売りたくなった時に売られる。手数料とかを省くために、会場や別のイベントの際手渡しをよく聞くが、行き違いやチケットが送られてこないトラブルを避けるためにメルカリの~様専用機能が使われてるらしい。

 



トリアングル 俵万智。

 

俵万智さんのトリアングル。

 

あらすじは

薫里は33歳のフリーライター。仕事は順調で、妻子ある年上の恋人ともうまくいっている。年下の圭ちゃんは新鮮な喜びをくれる存在。同時に動きはじめた二つの恋はどこへ向かうのだろう…。しなやかな意志をもち、自然体でいきる女性を描いた著者初の長編小説。深遠な感情、ささやかな発見、一瞬の風景を、随所に織りこんだ短歌が鮮烈に伝える、現代の“うた物語”。

の、この本。

 

不倫の年上の恋人と、年下の男の子圭ちゃんとの関係もつづいてるある1人の女性の話。二股、不倫と並べるとどんなやつだと思うが主人公からはそんな感じは感じない。

不思議と2人ともと純粋に恋をしていて…でも、ふたりとも結婚と言われるとなんか違って、だからといって2人ともわかれるかと言われるとそうでもない。

恋というよりも、それぞれと一緒に紡ぐ時間が大切でそれを保持したいという感じ。揺れ動く心やそれが生活面に表れてくることもあって、その白黒つけろというと、どっちにもつけれなくてただ今の状態がなんだか心地いい。そんな曖昧さみたいなのを出しているのがこの本。

文章を書くと、私はアンニュイな感情を文章で書かずどこか色をはっきりさせたような言葉を選んでしまう。その方がわかりやすいし、書きやすいから。だけど、俵万智さんはこの揺れ動くなんとも言えない曖昧さに親近感を感じてしまう。流れて行くように進む小説のながれに、たまにの短歌が写真のように場面を切り取るのがその一瞬一瞬の主人公の気持ちを映し出しているようなきがする。

大学にいると、浮気とか二股とかをたまに聞く。否定する人も多いが、私ははなしをききながらきっと何かの延長戦にあるもので避けられなかったものだったんだろうなと思う。仲良くなる延長戦での結果なんだろうなと。

そんな曖昧さをもった話を聞くからこそ、共感する人は多いんじゃないかと思う。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/product/4122047080/ref=as_li_tf_tl?camp=247&creative=1211&creativeASIN=4122047080&ie=UTF8&linkCode=as2&tag=bookmeter_book_middle_detail_sp_logoff-22

 

伊藤万理華のどこにはまったのかと考えた結果

伊藤万理華が12月いっぱいで乃木坂を卒業する。

 

卒業するにあたって、いつからまりかがすきになったんだろうかとか、彼女の魅力ってなんだったんだろうとかと、ふと思ったので綴ってみた。

 

(ただのヲタクのなんですきになったんだろう分析なので、気持ち悪くなったらそっと閉じてください)

 

まず、いつからまりかにはまったんだろう。

 

正直よく覚えていない。乃木坂が可愛くて好きで、見ていたっていうのは覚えてるけど彼女をずっと見るようになったのか、きっかけは覚えていない。

だけど、生まれたままでにはまって、リピートがとまらなくなったり、個人PVのナイフを見て目を奪われたのは覚えてるので、おそらく生まれたままでとかで彼女を知り、まりっかセブンティーンとかナイフを見ていつのまにか追うようになってたのだと思う。

 

 

彼女のどこに惹かれたんだろう。

 

彼女の持つ独特な雰囲気と世界観に惹かれて…特に個人PVには彼女の世界が広がっていて、

いろんな監督さんに撮られるたびいろんな魅力や雰囲気が出てくる。つつくと溢れだす不思議な存在。次はどんな彼女が見られるんだろうって、個人PVが毎回楽しみで…シングルが出るたび個人PVの公開が待ち遠しい。あとは、なにより自分のやりたいことを全力で楽しんでる姿が素敵だった。楽しい時は自然に笑って、興奮した時は話が止まらなくなる、純粋に色んなものが好きではまっていく姿を見るのがたのしかった。

芸術とかファッションとか私にはあまりわからないけど、彼女が次どんなものを持ってくるんだろうとか、彼女が見る世界がどんなのだろうと…そういう好奇心が彼女をまたより魅力的に魅せる。

いつのまにか、MdNの連載を持つようにもなってて…私たちヲタクを知らない世界に連れてってくれる。

 

飽きっぽくて熱しやすく冷めやすいまりかだけどそれもまた人間味があって可愛い

なにも知らないヲタクにいろんな世界を見せてくれる。例えるなら、彼女が絵本の案内人兼主人公で物語が進む中で一緒に色んなシーンに連れていかれる感じ。

 

そんな彼女の魅力に惹かれたんだなと考える午前2時でした。

 

 

資源生がコース選択で迷うこと

資源生がコース選択で迷うこと

2年ごろになると、資源生はこれからのコースをどうするか迷い始める。

よく迷われるのが同じ食品に関する研究をしたいけど、複数のコースに似たような研究室がある場合。なにが違うのかわからずコースが決めれないって話をよく聞く。

ので…無駄に迷う時間ももったいないので…

周りから色々聞いたことか経験が少しでも参考になれば

その時は

①それぞれの気になる研究室の先生に直接話を聞きに行く

②それぞれのコースでの3年生の科目を見て、やりたいことが多い方を選ぶ

っていうのが個人的オススメ。

①については、変に迷っているよりは本人に聞いちゃえ方針で、先生方は自分の研究室に入ってほしいって思いはもちろんあるけれどそれ以上にその人が行きたい研究室ってことが多いので…比較的正直に答えてくれる。ので、競合するような研究室のことを聞いたら…とか思わずなにが違うのかを素直に聞く

とはいっても聞きに行ける時間とか勇気がない人は②が、案外参考になる。コースで分けてるってことはなにかしらの関連があったりするので…講義をうけていくなかで他に行きたい研究室がでてくることが、結構多い。

実際に2年生の時に考えた研究室と実際に行った研究室が違う人が結構いる。

なので、希望者多数で落ちた場合でもかえがきいたりするのでオススメ

あとは、もし3年生で違うコースに興味を持ってもなんだかんだで変えれたりすることもあるので、気構えず気楽に考えてみてくださいな👍

教職をとるか迷っている人へ

 

 

この時期になると1,2年生から教職とるか迷ってますって相談を受ける。

興味があるけれど、大変だって聞くし忙しさがどうなるかわからないから迷う人が多いので教職(教育実習を残すのみ)をとってみた私の感想を載せることにした。

少しでも参考になれば。

 

 

最初に結論をいうと、

 

少し大変な部分もあったけどなんだかんだで楽しかった 

 

が正直な感想。

 

もし迷っている人がいれば

教職授業特有の雰囲気もあるので

1年生で一回教職過程をとって見てから決めてみれば とオススメしたい。

資源の場合、教科の科目を覗いて教職のための科目は教育心理学(一学期に1コマくらい)しかないので全然とってからでも判断できるし、もし取らなくても自由単位として換算されるので大丈夫

 

4月によく聞く「教職って大変」は、だいたい教職をとってない人が、教職に対してなんとなくイメージした感想を言っている気がするのであんまりそれに惑わされずに、実際に教職をとっている学類の先輩に聞いてみるのが一番わかりやすい。

(学類によって教職の免許に認められる教科が、必修に含まれているかが違うため

普段の授業➕教職のための教科の授業を取らないといけない学類もあるので

大変さは学類や希望する教科によって変わってくる。)

 

私は資源で、高校理科(生物)だったがそこまでめっちゃ忙しくて大変だったっていう経験はあんまりない。他の活動(大学新聞やサークルの幹部、運動部)と並行してとっている友人も結構いるので意外に取れるっていうのが本音。

あえて言うのなら、教科別の科目は置いておいて2年生教職特有の科目は土日だったりするのでそこをうまく合わせるのぐらい。土日でも2、3種類日にちが用意してあるものあるので意外に大丈夫。

授業を多くとるから大変って声も聞くけれど、教職科目の先生は教育を研究している先生が多いので授業も面白く、勉強になることが多いので私は楽しかった。

たまに人生相談みたいな授業もある笑

なので

 

結論。 

 

もし迷っている人がいれば

教職授業特有の雰囲気もあるので

1年生で一回教職過程をとって見てから決めてみれば とオススメする。

資源の場合、教科の科目を覗いて教職のための科目は教育心理学(一学期に1コマくらい)しかないので全然とってからでも判断できるし、もし取らなくても自由単位として換算されるので大丈夫

 

 

●2年生で今から取れるか迷っている人へ

2年生からやっぱとってみたいなって迷う人は実際結構いる。

資源の場合、教科の科目を覗いて教職のための科目は教育心理学(一学期に1コマくらい)なので 、1年生の科目で教科の科目に入るものをある程度とっていたら(1年生の時はみんな結構科目をとるので意外に教科の科目が取れていることが多い)全然2年生からでも間に合うので、2年生の科目と相談しながらぜひとってみてほしい

実際、3年生からとって院で教育実習に行く人もいたりので全然遅くない。

 

なんとなく受けたことある楽しかった授業をまとめみた

学期の初めになると

毎回どの授業を受けるのか迷って、いろんな人にオススメの授業を聞いていたので

その助けになればいいなと思い、今まで受けて見た私的授業の感想をまとめてみた。

自由単位選びの参考になれば。

 

 

 

ジャーナリズム論

福原直樹

元新聞記者の先生が自分の体験を元に新聞社や通信社の話、報道の裏側を話してくださる講義。毎回の授業にメッセージがあり、非常にわかりやすい。海外の特派員だったこともあり、海外報道や特派員について話されることもある。また、トランプ大統領やウクライナ問題、中東問題など、希望があれば時事問題を取り上げえてもらえることもあある。記者の目線で話されるので福原先生にしかできない面白い。授業外負担も少ないので他の授業で忙しい人でもオススメ。

 

哲学カフェ

五十嵐沙千子

身近な哲学について、30人くらいで話し合う講義。知らない人でも気軽に話せるように、自分のあだ名紹介から始まる。学生から疑問や議題が持ち込まれることもある。

私が受けた際は「授業の評価基準をどうするか」から始まり、「幸せって何か」「人間はよくで動くのか」など様々な議論が行われる。参加学類も文系理系問わず様々なバックグラウンドからの意見が聞かれるので面白い。先生(さっちゃん)も気さくな人なので、質問も気軽にできる。その時のメンバーやよく発言する人とかで回の雰囲気がきまることがあったり、人によっては苦手に感じる人もいるので、ぜひ一度参加してから決めてほしい

 

 

農村社会学

湯澤規子

村の成り立ちや食べ物が伝承されていく拝見など農村を中心にその社会がどのように変化していかれたを学ぶ講義。農村なんて興味ないやって思うかもけど、昔は大半の人が農村で暮らしていたためは、現在の私たちの土台にある思想に結びつく部分が結構ある。農村の社会学は私たちの思想の歴史だったりするので馴染みが深く面白かった。身近な例であれば、また食べ物をキーワードに各地方の文化なども学んだりもする。きいていてワクワクと同時におかなもすく素敵な講義。あと一番重要なのは、先生が美人。

 

コンテンツ応用論

落合陽一

メディアーティストとして活躍する落合陽一さん講義のコーディネーターとして、

さまざまなクリーエイターやアーティストを招いて行われる講義。芸術家やweb編集者

,電通マンなどさまざまなバックグラウンドの方の話が伺える。マスコミ業界に興味がある人にはかなりオススメ講義。授業後に名刺交換している人もいる。

各業界の著名人の話なのですが、学生に伝えてたいってメッセージも多いので人によってはその人自身の物語や成り立ちを聞くこともできる。普段講演会に行くと、何千円何万円て払ってでしか聞けないような人の話を講義で聞けるので、経験としてもオススメ

 

 

行動神経科学:神経系と行動

山田一夫

脳の神経の働きとそれが人間の行動にどのような影響を与えるかを学ぶ講義。

なんとなく聞いたことがあるような脳の話も多いが、詳しく学べるため面白い。先生自身の経験と結びつけたり、この行動を起こすために、脳的にどうすればいいのかがわかるのでより身近に感じれられる。例えば、「麻薬が依存性が高いのはどうしてか」「麻薬とタバコどちらが脳的に依存高いか」「性ホルモンが出る時間帯はいつで、いつ告白すると良いのか」みたいなテストはある程度問題を教えてくれるのと講義を聞いていると答えれる問題が多い。